Firefoxの拡張機能が無効化される問題について

PC関係

2019年5月4日以降、Firefoxの拡張機能(アドオン)やテーマのほとんどが無効化される問題が発生しているようです。

2019/5/7追記
問題が修正されたFirefox 66.0.4(betaは67.0b17)が配信されました。

スポンサーリンク

原因としては以下の通り。バージョンアップに起因するものではないので、betaやnightlyを利用していても発生している模様。

 問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためであるようだ。「Firefox」にインストールされているアドオンが“旧式の拡張機能”扱いされ利用不能になるほか、利用できなくなったアドオンを一旦アンインストールし、再インストールを試みると“ダウンロードに失敗しました。接続状況を確認してください。”や“このアドオンは壊れているため、インストールできませんでした。”といったエラーメッセージが表示される。

「Firefox」でインストール済みアドオンが利用不能になる問題が発生中

ただし、以下のツイートの通り、hotfixは既にロールアウトしており、勝手に修正が配信されるとのこと。

この応急的な修正はstudiesを利用したもので、ツイートのリンク先にあるように、Firefoxの オプション > プライバシーとセキュリティから Firefoxが技術的な対話データをMoziilaへ送信することを許可する及び Firefoxに調査のインストールと実行を許可するにチェックを入れて有効にしておく必要があります。なお、デフォルトは有効になっています。

恒久的な修正はマイナーバージョンアップの形でその内正式に配信されると思いますが、拡張機能がほぼ全滅状態はFirefoxを利用する意味を失うに等しいため、上記の対応を各自で行うのが良いでしょう。

対応を行ってもなかなか修正が配信されないという方は、about:configからapp.normandy.enableapp.normandy.first_runtrueにしてFirefoxを再起動すると、すぐstudiesにfixが降ってくると思います。

私の環境では、拡張機能は有効になりましたがテーマが依然として旧式扱いされていたため、テーマを再インストールしたところ正常になりました。

なんだか問題が起きたときだけFirefox関連の記事を書いている気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました