AviutlでWebPアニメーションを作成する

PC関係

Google謹製の画像フォーマットWebPが徐々に広まりつつありますが、WebPはGIFアニメのようなアニメーションにも対応しています。今回は、動画編集ソフトのAviutlでAnimated WebPを出力していきます。

スポンサーリンク

Aviutlプラグインの導入

ダウンロード

Animated WebP Export for AviUtl からanipmaker.0.1.0.0.zipをダウンロードしてください。

導入

zipファイルに格納されているanipmaker.auoをaviutl.exeと同じフォルダか\aviutl100\pluginsフォルダに入れてください。aviutlを起動して、その他 > 出力プラグイン情報にAnimated WebP Exportが記載されていれば導入できています。

WebPで出力

aviutlでAnimated WebP出力したい動画を開いてください。

ファイル > プラグイン出力 > Animated WebP Export を選択すると、WebPファイルの保存先選択画面が出てきます。

ビデオ圧縮をクリックすると、出力の設定画面が現れます。設定項目については、そのまま羅列していくとコピペになってしまいそうなので、プラグインのダウンロードページまたはプラグインファイルと同梱されているREADME.txtを参照してください。その中でも、主に変更することになる箇所は以下に抜粋します。

  • loop count
    • 動画のループ再生回数です。”0″を指定すると無限ループになります。
  • minimize
    • ファイルサイズの最小化オプションです。エンコード速度が低下しますがファイルサイズが最適化されます。
  • lossy / lossless選択
    • lossyを選択すると不可逆圧縮、losslessを選択すると可逆圧縮になります。通常lossyで良いと思います。
  • quality
    • 圧縮品質の設定です。0~100で設定します。値が大きいほど高品質となりますが、ファイルサイズがその分大きくなります。
  • method
    • 圧縮方法を1~6の値で選択できます。値が大きいほど高品質となりますが、エンコード速度が露骨に遅くなります。
  • frame skip
    • フレームを間引く設定です。fpsを落としてファイルサイズを小さくしたい場合は設定します。

他はデフォルトで問題無いと思います。なお、image hintとアルファチャンネル関連はlosslessの場合にのみ有効です。

設定画面を閉じて、保存をするとAnimated WebPが出力されます。

特に参考にならない比較

参考に、quality値を50、75、100としたときの画像を並べます。元画像の荒さ、解像度、色数諸々の理由により特に参考にはならないとは思いますが一応。

WebPに対応したブラウザでのみ画像が表示されます。

1007550
348.62KB111.57KB87.01KB

210×245 / 15fpsの動画をquality値のみ変化させて出力しています。非常に分かりづらいですが、値が小さいほど色が褪せ、ぼやけた印象になっています。品質とサイズの兼ね合いから見て、qualityは75~85くらいが良いバランスでしょうか。

今回はAnimated WebPの紹介でしたが、次世代画像フォーマットは他にも存在します。それぞれブラウザによって対応非対応がまちまちです。WebPに限って言えば、あと残すところはiOS上のブラウザでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました