WordPress+Simplicityの関連記事を2列化

WordPress

Simplicity2のテーマを適用しているWordPressサイトにおいて、投稿ページ下部に表示される関連記事の一覧を2列化してみます。

例のごとく言い訳を書いておきますが、素人コーディングなので「とりあえずこれでできる」程度に考えて頂けると幸いです……。

スポンサーリンク

前準備

WordPress管理画面の、外観 > カスタマイズ > レイアウト(固定・投稿ページ)から、「関連記事表示タイプ」を「デフォルト」に設定しておいてください。

「関連記事の関連付け」および「関連記事表示数」は任意で問題ありません。

カスタマイズ

デフォルトだとこんな感じに表示されていると思います。こいつを2列化するため、style.cssに追記していきます。追記方法は以下の記事参照。

WordPressテーマのスタイルをカスタマイズする方法概要
WordPressテーマのCSSをカスタマイズする方法は、2つに大別できます。ひとつめは、WordPressの管理画面から行う方法。もうひとつは、CSSファイルをFTPクライアントでアップロードする方法です。この記事では、それら...

2列化する

#related-entries {
    display: flex;
    flex-flow: row wrap;
    justify-content: flex-start;
}

#related-entries h2 {
    width: 100%;
    margin-left: 1em;
}

#related-entries .hover-card {
    flex: 0 330px;
    height: 100px;
    margin: 0 5px 20px 5px;
}

.related-entry-snippet {
    display: none;
}

便利なflexを使用して2列化し、投稿の本文抜粋を非表示にしています。

改行がうまくいかず2列にならない方は、330pxの部分を調整してください。48%とか割合の指定にしても大丈夫です。

微調整

.related-entry-content {
    white-space: normal;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
    padding: 0 5px 0 0;
    height: 100%;
}

.related-entry-thumb {
    margin: 0;
    padding: 0;
}

.related-entry {
    padding: 0;
    height: 100%;
    width: 100%;
}

.related-entry-title {
    font-size: 16px;
    margin-top: 5px;
    color: #555555;
}

見た目のバランスを微調整します。

おまけ

.related-entry {
    padding: 0;
    height: 100%;
    width: 100%;
    border-radius: 4px; /* 追記部分 */
}

/* 以下追記 */
.related-entry:hover{ /* ホバー時変化 */
    box-shadow: 0 3px 6px rgba(0, 0, 0, 0.3);
}

.related-entry-thumb img {
    width: 100px;
    height: 100px;
    border-radius: 4px;
}

related-entry:hoverを追記すると、マウスオーバー時に変化をつけることができます。上の例では、関連記事項目の枠とサムネイルの枠の丸みの調整もしています。

要素が密集する部分なので、あまり派手にカスタマイズしすぎると、余程のセンスがないと見た目がうるさくなってしまうので、できる限りシンプルな見た目にすることをおすすめします。

 

コメント